リノベーションと住宅ローン

住宅ローンはいくら借りられる?

中古リノベーションをする方は、物件の購入代金とリノベーション費用を合算して、一般的に低金利な住宅ローンを利用する方が多いと思います。
現在、賃貸住宅や賃貸アパートなどにお住まいの方は、月々の家賃もも毎月の返済額の目安になるでしょう。

住宅ローン

マンションに住み替えの方は、毎月の返済金額の他に、管理費や修繕積立費の支払いが加わることも考慮しましょう。

自己資金 _____________円 + 借入可能額_____________円

➡ 物件購入代金+リノベーション費用の目安_____________円

月々の返済金額と借入期間35年による借り入れ金額の目安

月々7万円 2286万円 / 月々8万円 2612万円 / 月々9万円 2939万円 / 月々10万円 3266万円
(※金利1.5%で試算)
SUUMO住宅ローンシミュレーション




住宅ローンとリフォームローン

リノベーションでは、リフォームローンも利用できます。
住宅ローンは、一般的に低金利かつ35年間の長期返済が可能です。
リフォームローンは、無担保で借り入れができ、審査や手続きが比較的簡単ですが、住宅ローンと比較すると金利が高く、返済期間も短い設定が多いため、中古住宅や中古マンションを購入して大規模なリフォームやリノベーションを行う場合は、住宅ローンに一本化することをオススメします。

お金

万一、転職などをして間もないなどの理由で借り入れできる金額が低かったり、物件の購入金額が当初の予算などよりオーバーしてしまった場合に、住宅ローンだけで賄えない場合など、一部リフォームローンをご利用になられる方もいらっしゃいます。毎月の支払いは、普段の生活にも大きく影響がありますので、ライフプランや資金計画などは念入りに準備してください。

ファイナンシャルプランナーさんなどにライフプランを立てていただくことも可能ですが、借入する銀行でも無料でライフプランの相談に乗っていただけると思います。

※店頭金利のほうが全然お安いので、銀行の窓口で確認されることをおすすめします。
※不動産又はリノベーション施工会社の提携銀行で特別金利優遇などもございますので、物件購入先や施工会社にもご相談ください。
※お客様自身がご利用になっているメインバンクの口座残高によっては、銀行に金利優遇のご相談が可能な銀行もあります。

楽天銀行住宅ローン【フラット35】

三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行